Skip to main content

LINE 株式会社様と Swift に関する勉強会を開催しました

こんにちは、@ryota-ka です。去る6月20日に、LINE 株式会社様の協賛のもと「Swift勉強会 〜SwiftでGenericsを使った優しい世界を目指してみる〜 」を開催しました。

当日は LINE Fukuoka 株式会社@tarunon 様にお越しいただき、氏が開発されたライブラリである Barrel を例として取り上げながら、Swift の型安全性に関するお話をしていただきました。

IMG_5332

IMG_5334

Barrel は、Core Data の entity name を自動的に取得してくれる他、型推論を用いてオブジェクトのプロパティー名の取得が可能になっていたり、データ取得の際の条件式をラムダ式で渡すことができるなど、関数型プログラミングのエッセンスを多分に取り入れたライブラリとなっており、Swift の型安全な世界の良さを再認識することができました。

IMG_5343

IMG_5339

 

また、勉強会終了後、LINE 株式会社様のご好意により、懇親会も開催していただきました。懇親会の場を通じ、参加者間の交流のみならず、企業の方々からも様々なお話を伺うことができました。本当にありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です