Skip to main content

2018年はCAMPHOR-で圧倒的成長しませんか?

あけましておめでとうございます!CAMPHOR- 新代表の @yu-i9 です.遊びにきてくれる学生や活動を支援してくださっている企業のみなさまのおかげで,CAMPHOR- は8年目に突入しました.この記事では,新年度スタートという節目に乗じて,改めて CAMPHOR- の紹介をしようと思います.特に,以下の三つのポイントに注目します.

  • CAMPHOR- とは?
  • CAMPHOR- で圧倒的成長できる理由
  • CAMPHOR- に関わる方法

CAMPHOR- の情報をまとめることで,多くの人が CAMPHOR- に関わるきっかけになればと思います.

1. CAMPHOR- とは?

CAMPHOR- とは,京都を拠点としたIT系学生のためのコミュニティです.京都大学吉田キャンパスの近くにある町家を借りて,コミュニティスペース「CAMPHOR- HOUSE」(以下 HOUSE)を運営しています.基本的には月・木・土曜日の午後に開館していて,各自で作業をしたり学生同士で雑談をして過ごしています.畳,縁側,人をダメにするソファー,こたつといった設備が整えられており,アットホームな雰囲気の空間で落ち着いて作業できます.また,月に一回ほど HOUSE でイベントを開催しており,企業のエンジニアを呼んでお話しいただいたり,学生同士で日頃の学習の成果を発表したりしています.

CAMPHOR- は,運営に携わっているメンバー7人と,HOUSE で定期的に交流している学生から構成される緩いつながりのコミュニティです.周辺大学とは関係のない団体で,メンバー登録や定期的な活動もありません.多くの人が HOUSE に出入りすることで,活発な交流が行われ,面白い発想が生まれることを目指しています.下の写真は,とある日の HOUSE の様子です.写真に写っている多くの人は HOUSE に来るのが初めてですが,こたつを囲んで和やかに談笑しています.HOUSE という場がもたらす予想外の出会いや交流は CAMPHOR- の大きな魅力です.

2. CAMPHOR- で圧倒的成長できる理由

CAMPHOR- は,言ってしまえば集まって話すだけのコミュニティです.誰かが課題を与えるようなことはしませんし,手取り足取り全てを教えるようなこともしません.それでもなお,CAMPHOR- に関わる学生が「圧倒的成長できる」と考える理由は,運営メンバーを中心としたコミュニティメンバーの高い能力にあります.

CAMPHOR- メンバーの多くが専門的な知識を持っており,それらを実践することで成果を残しています.例えば,昨年の ISUCON7 学生枠の優勝者である @ishiy@ymyzk は CAMPHOR- の運営メンバーです.昨年の MBS ハッカソンの優勝チームには,前代表の @shiba6v がソフトウェアエンジニアとして参加しています.他にも研究や仕事といったそれぞれの領域で能力を発揮しているメンバーが数多く存在し,この短いブログでは全てを書き出すことができません.

CAMPHOR- に来ると,そうした技術者・プランナー・デザイナー・研究者の卵たちと交流することができます.コードがバグって相談をすると,バグの原因を見つけるだけでなく,なぜバグっているのかを仕組みから教えてくれます.ビジネスの相談をすると,類似ビジネスや見積もりの甘い部分が山のように洗い出されます.このような交流を通して,自分の技術力や考え方を洗練させることができます.

また,CAMPHOR- メンバーは自分よりも優れた人間が星の数ほどいること,自分が知らない分野が山のようにあることをよく知っています.ですから,好奇心を持って物事を学び続けることに余念がありません.CAMPHOR- に遊びに来る人からは,自分が知らない技術や知識を積極的に引き出して自分の糧にしようとします.こうした交流は,自分が持っている知識を人に説明したり,自分の知識と人の知識を組み合わせて考えるといった活動を促し,自分一人では得られない学びをもたらします.

こうした説明をすると「一芸がないと CAMPHOR- に来てはいけない」と考える人がいます.これは全くの誤解です.様々な分野で活躍している CAMPHOR- メンバーも,初めは何も分からない学生として CAMPHOR- を訪れ,CAMPHOR- を成長のためのツールのひとつとして使いながら少しずつ勉強をしてきました.CAMPHOR- は,その理念やコミュニティに魅力を感じ,共に学びたいと思う全ての学生を歓迎します.その学びの内容に優劣はありません.学びの過程を共有し,上に述べたような交流を持ち,お互いにモチベーションを高めることこそが CAMPHOR- の目指すあり方です.

3. CAMPHOR- に関わる方法

CAMPHOR- に関わる方法はただひとつ,HOUSE に来てコミュニティメンバーと交流することです.HOUSE を訪問する際のいくつかのパターンを以下に紹介するので参考にしてください.

  1. 開館日に遊びに来る
    • スケジュールで「Open」となっている日時はメンバーがHOUSEに常駐しています.HOUSE を訪問するのに登録や予約は必要ないので,授業終わりなどにふらっと遊びにきてもらって構いません.
  2. 事前に連絡をして訪問する
    • 突然訪問することに抵抗を感じる人や,特定の技術について相談したい人にオススメのパターンです.サイト下部のお問い合わせフォームから事前に自己紹介や要件を送ってもらえれば,運営メンバーが予定を調整して対応します.
  3. イベントに遊びに来る
    • 新しいコミュニティに単身突撃するのがつらいという人にオススメのパターンです.イベントでは普段 CAMPHOR- に関わっていない人が多く訪れますし,イベント後の懇親会で親睦を深めることもできます.イベント情報は TwitterFacebook で随時配信しているので,是非チェックしてください!

最後に

この記事では,CAMPHOR- の紹介として三つのポイントについて書きました.堅苦しい言い回しだったかもしれませんが,要は「面白いことやってる知り合いが欲しいから集まってます!」ということです.今年もたくさんの面白い人と出会えることを楽しみにしています.2018年も CAMPHOR- をよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です