Skip to main content

人狼裁判がHTML5 Japan CupでWebRTC賞頂きました。

8月ですね。

代表の河合航平です。


jinro

5月ぐらいに人狼チームでこの人狼裁判という人狼がビデオチャットで楽しめるというWebサービスを作成したのですが、

 

この勢いのまま、Web技術者(デザイナ/開発者)を対象としたWebサイト/Webアプリのアワードである「HTML5 Japan Cup」に応募しました!

(さらに…)

CAMPHOR- LGTM をリリースしました

こんにちは、@ryota-ka です。

CAMPHOR- では、サービスのソースコードの共有のために GitHub を利用しています。複数人がひとつのリポジトリに携わる場合は、機能追加やバグ修正を行った際に、各イシューブランチから develop ないし master ブランチに pull request を出し、他のメンバーがコードレビューを行った後、LGTM (Looks Good To Me) を出すという開発フローを採用することが多いです。

さて、この LGTM ですが、苦心して書き上げられたコードに対する承認という意味で、非常にめでたいものだと考えられているようです。このめでたさをコミッター間で共有するため、単に “LGTM” とコメントするだけではなく、LGTM と書かれた画像 を貼り付けるという習慣が世の中に根付いているほどです。また、この手の画像をホスティングするために、LGTM.in というサービスも存在します。

LGTM.in は、非常に便利なサービスです。しかしながら、全世界に開かれたサービスという性質上、あまりに多様な種類の LGTM 画像が混在していたり、時にはまったく LGTM らしさを感じさせない画像さえ投稿されていたりします。

また、CAMPHOR- では6月中旬頃から、メンバーの写真を素材に用いた LGTM 画像が少しずつ制作されるようになってきました。最初の数枚は Facebook コミュニティーに投稿されていたのですが、後から投稿された画像を探すのが大きな手間になっていました。

こうした問題を解決するため、CAMPHOR- 内で使用される LGTM 画像をホスティングするサービスである、CAMPHOR- LGTM をリリースしました。

CAMPHOR- LGTM

 

簡単に言ってしまえば、LGTM.in の CAMPHOR- バージョンなのですが、人気順で画像を表示できるなど、一部オリジナルの機能も実装しています。

ちなみに、Google Chrome 用の Extension もあります。シンプルな動作でレビュー時に素早く LGTM を出せるので、非常に便利です。

Google Chrome Extension
Google Chrome Extension

このプロダクトをきっかけに、CAMPHOR- 内での開発がますます活発になっていけばと願うばかりです。

人狼裁判をリリースしました

こんにちは四期代表の@kohey18です。

この度、人狼裁判というサービスをリリースしましたので以下に告知します。

人狼裁判

人狼_1

URL: http://jinrou.co http://jinrou.camph.net

デモ動画: https://www.youtube.com/watch?v=kkf5KgdEZzQ

あの人気ゲーム「人狼」をオンラインビデオチャットで行うことができるサービスをリリースしました。
WebRTC対応のブラウザ(Google Chrome、Firefox)のみの対応となっております。

人狼裁判のルールは人狼を見つけ出すまで複数ターンを行う通常のルールとは異なり、1ターンで勝負が決まる「ワンナイト」のルールを採用しており、ゲームマスターもシステム側で用意しているため誰でも簡単に利用することが出来ます。

ぜひ遊んでみてください!

【後日追記】
関連記事: 人狼裁判がHTML5 Japan CupでWebRTC賞頂きました。